トップ  >   【30系後期】新型アルファードの燃費はどうなの?

【30系後期】新型アルファードの燃費はどうなの?

  2018年6月1日 Posted by 編集部

2017年にマイナーチェンジが行われたアルファードですが、燃費は愛車の維持費にも関わる重要なポイントで、気になっている方も多いはずです。ここでは新型アルファードの燃費について、エンジン毎の違いや、旧モデルとの比較していきます。

【マイナーチェンジ後の30後期アルファード】おすすめガイド5選

新型アルファードのハイブリッドとガソリンの燃費の違いは?

アルファードにはハイブリッド車とガソリン車の2タイプがあるわけですが、それぞれでどのくらい燃費が変わるのかをチェックします。ハイブリッド車のエンジンが2.5Lのみなので、2.5Lのガソリン車と比較していきます。

ハイブリッド車:18.4km /L~19.4km/L
ガソリン車: 11.6km/L~12.8km/L

こちらは、カタログ燃費です。車両重量やアイドリングストップの有無で燃費の幅が出ています。比較すると、ハイブリッド車とガソリン車では6.6km/L~6.8km/Lの差があります。

特にハイブリッド車の燃費は、この重量クラスでのミニバンタイプとして非常に優れていると言えます。ガソリン車の方もハイブリッド車には劣るものの、決して燃費が悪いわけではなく、どちらのタイプを選んでも燃費の面では優れていると考えられます。

実際の燃費は、グレードやオプション、走行環境などでも大きく変わります。そのためカタログ通りの燃費にはならないでしょうが、それでも燃費の良い車種であることは間違いないでしょう。

 

 

アルファードのエンジンの排気量による燃費の違いは?

新型アルファードは2.5Lと3.5Lの2つのエンジンが使い分けられています。エンジンの排気量が違えば燃費も変わりますので、エンジンによる燃費の違いも見逃せません。

先程述べましたが、ハイブリッド車は2.5Lエンジンしか使われていませんので、ガソリン車のみエンジンが2タイプあることになります。そのため燃費の違いについてもエンジン車のみ対象にしています。

2.5L:  11.6km/L~12.8km/L
3.5L:  10.8km/L

3.5Lになると少し燃費が落ちています。やはりエンジンが変われば燃費も変わりますので、何を重視するかがポイントになってきそうです。

 

兄弟車であるヴェルファイアとの燃費の違いは?

同じくトヨタから販売されているヴェルファイアは、アルファードの兄弟車です。実際、アルファードとヴェルファイアのどちらを買うか迷っている方もいるのではないでしょうか。どちらも評価の高い車種で人気もあり、それぞれの魅力があるので、迷われるのも納得です。

アルファードとヴェルファイアは兄弟車ということもあって、燃費はほぼ同じです。それぞれのモデルや装備によって多少燃費が変わる可能性はあるので、その点を考慮する必要はありますが、基本的な燃費性能は同じだと考えてしまってかまいません。

ですので、もしアルファードとヴェルファイアのどちらを選ぶか迷っているなら、燃費以外の部分を比較して決断する必要があるでしょう。アルファードもヴェルファイアもどちらも燃費に優れている車となりますので、他の車種と迷われている方には、燃費は1つの判断材料になり得ます。

 

 

旧型アルファードと新型アルファードの燃費の違いは?

旧モデルである、いわゆる20系と30系前期と燃費を比較していきます。

【20系】
ハイブリッド2.4L:17.0km/L
ガソリン2.4L:11.2km/L
ガソリン3.5L:9.3km/L

【30系前期】
ハイブリッド車2.5L:18.4km /L~19.4km/L
ガソリン車2.5L:  11.6km/L~12.8km/L
ガソリン車3.5L:  9.5km/L

まず20系と30系前期を比較します。フルモデルチェンジをした30系前期では、全体的に少しずつ燃費がよくなっています。2.5L車はエンジンが新しくなっており、排気量が上がっていますが、燃費も上がっています。

30系前期と新型の30系後期を比較します。先程ご紹介した数字と比較すると、2.5L車の燃費は変わっていません。3.5L車のエンジンは新しくなっており、燃費は1.3km/L上がっています。

2.5Lこそ燃費は変わりませんが、20系にお乗りの方や、30系前期の3.5Lにお乗りの方は維持費の低下につながりますので、買い替えを検討するのもありかもしれません。

 

30後期アルファードのおすすめのタイプは?

これまで見てきたように燃費の面で比較すると、ガソリン車とハイブリッド車では、やはりハイブリッド車に軍配が上がります。つまり、維持費が安く抑えられるということです。また静音性に優れているというメリットもあります。では、ハイブリッド車がおすすめなのか、と言われると検討の余地があります。

 

まずガソリン車と比較し、ハイブリッド車は新車購入価格が高くなっています。その差額を燃費で埋めるには随分距離を走る必要があります。

また、アルファードは1年、3年、5年といった短期的なスパンで、乗り換えをされる方が多い車です。売却の際、ガソリン車とハイブリッド車で、価格にどれくらい差が生じているかご存知ですか?

確かにハイブリッド車の燃費はよいのですが、乗り出しから、維持費、売却までを考えて、どのタイプがよいか検討するのがよいでしょう!

 

ちなみに、2.5Lエンジン車と3.5Lエンジン車についても、3.5Lエンジン車の方が新車購入金額は高くなっていますが、実は購入の仕方次第では売却時に2.5Lエンジン車の方が高くなる場合もあります。

 

▼ガソリン車アルファードの買取事例はこちら▼

アルファード

まとめ

新型アルファードの燃費は、非常に優れていると言えます。他車種と迷われている方には、燃費の面ではプラスになるでしょう。また、ハイブリッド車とガソリン車では燃費に差がありますので、他の特徴に加えて判断の材料にしてみてください。

やはり新型アルファードは燃費の観点でも良い車ですので、発売されてから、お乗り換えされる方が増えています。弊社では、アルファードの買取りをしておりますので、残念ながらハイブリッド車は取り扱っておりませんが、20系、30系後期からお乗り換えの際は是非お問い合わせをお願いします。

 

あわせて読みたい>>>30系後期アルファードのサイズってどうなの?

あわせて読みたい>>>30系後期新型アルファードの内装のまとめ

▼こちらの記事も読まれています▼

【アルファード・ヴェルファイア】新車を買うならENGがオススメの理由

【マイナーチェンジ後の30後期アルファード】おすすめガイド5選

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!