トップ  >   Aクラス

買取価格相場
Aクラス

ENG買取相場価格

140~万円

※2013年(H25)から2015年(H27)式の相場

40秒で完了!あなたの愛車を
「高く」「早く」買取ります

1お車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!

PURCHASE DATA- Aクラスの買取速報 -

年式 査定時期 カラー 車種・グレード 走行距離 査定額
2013年式 2018/8 ホワイト ベンツ A180 ブルーエフィシェンィー スポーツ 38000km 140万円 詳細
スペック: メーカーナビ / バックカメラ

※買取事例の一部を表示しています

MARKET- Aクラスの買取相場についての観測 -

観測情報はありません。

GUIDE- 中古車査定ガイド -

ガイドをもっと見る


INFOMATION - 車種情報 -

ベンツAクラスは、メルセデス・ベンツの中では価格が低く設定されているエントリーモデルであるため、購入を検討しやすい車種です。
平成25年に販売開始された3代目は、1代目と2代目のAクラスとは異なり全長が400mm延長され4,300mmまで伸びました。
スポーティなコンパクトカーとして、BMWの1シリーズやアウディA3のライバル車として人気を博しています。

ベンツAクラスの車種概要

3代目であるW176が平成25年に登場し、Aクラスへのイメージが一新されたと言えるでしょう。
W176は全長が長くなっただけではなく、全高が1,435mmと2代目W169型より160mmも低くなり、見た目と共に運転性能が格段に上がりました。
全長が長くなり全高が低くなる事で、AクラスはBセグメントコンパクトカーからCセグメントハッチバックに変化しました。

3代目Aクラスからはエンジンの排気量にも調整が加えられ、直列4気筒1.5Lと1.7Lと2.0Lの3つのラインナップから直列4気筒1.6Lと2.0Lの2つのタイプへと変更されています。
1.6Lと2.0Lのどちらも直噴ターボエンジンであり、1.6Lエンジンは型式DBA-176042で122ps/5,000rpm、2.0Lエンジンは型式DBA-176044で218ps/5,000rpmまで最高出力がでるようになっています。

Aクラスのグレードはどれくらいあるのか

3代目Aクラスには基本的に6つのグレードが存在しており、ベースグレードになるのが型式DBA-176042のA180です。
2つ目のグレードは同じ型式のA180スポーツ。
3つ目が特別仕様のA180エディションスタイルです。
4つ目は型式DBA-176044の2.0Lエンジンを積んでいるA250シュポルトになります。
5つ目は似ていますが型式DBA-176046の2.0Lエンジンを積んでいるA250シュポルト4WDです。
A180に搭載されているエンジン排気量は1.6Lであり、A250に搭載されているのが2.0Lエンジンと理解できます。
最後の6つ目のグレードはAクラスの中で最高グレードであるA45AGMで、エンジンは唯一の直列4気筒直噴ツインターボ、最高出力も381ps/5,000rpmです。

Aクラスエンジンの気になる燃費

A180の燃費は直噴ターボエンジンを搭載しているものの、JC08モード燃費が15.9km/Lと優秀な数字です。
トランスミッションが7ATである事や電子制御式燃料噴射による圧縮比10.3である事が燃費の良さにつながっていると言えるでしょう。
250シュポルトの2.0L直噴ターボエンジンは、JC08モード燃費が15.0km/Lです。
電子制御式燃料噴射による圧縮比が1.6ターボエンジンよりも0.5少ない9.8に調整されており、2.0Lターボエンジンでも良い燃費です。
ベンツAシリーズのエンジンは全てターボエンジンであるため、運転時に十分なトルクを引き出せるものの、燃費の良さも注目に値します。

Aクラスの注目の価格

AクラスのベースモデルであるA180の価格は税込み298万円であるため、ベンツシリーズの中では購入しやすい金額と言えるでしょう。
A180スポーツになると、価格は税込み351万円です。
2.0LタイプのA250シュポルトの価格は、432万円でシュポルト4WDの価格は501万円です。
Aクラスはベンツの中でもエントリーモデルになるため、比較的購入を検討しやすいクラスです。
特にA180の金額が税込みで300万円を切っている点は、ベンツが欲しいけど資金が少ない方には注目すべき金額です。

Aクラスの標準装備やオプション装備

A180にはリアフォグランプやリアワイパーは標準装備されており、安全装備としてはABSやブレーキアシスト加えてESPまで搭載されています。
エントリーモデルではあるものの、ベンツに相応しい装備は標準でも付いていると言えるでしょう。
オプションになる装備は、HIDヘッドランプや革シート、運転席パワーシートやプライバシーガラスなどが含まれます。
A180スポーツになるとHIDヘッドランプやフロントスポイラー、さらに本皮巻ステアリングが標準装備に含まれるようになります。

A250シュポルトは、基本的な標準装備はA180スポーツと同じになりますが、運転席パワーシートとプライバシーガラスが標準装備に含まれます。
A180スポーツやA250には本皮巻ステアリングやフロントスポイラーが標準で装備されているため、よりスポーティ感が強くなります。
またA250シュポルトだけ運転席パワーシートが標準になる点にも注意する必要があるでしょう。
どのグレードであっても、本皮シートやサンルーフはオプション装備になっています。

多くの方がベンツに対して高級車というイメージを持つものの、同時に若者の車ではないというイメージでした。
初代と2代目のAクラスは、主婦の乗る高級コンパクトカーというイメージであったため、やはり若者向けではありませんでした。
しかし3代目AクラスW176になってから、デザインが一新され若者でも魅力を感じるスポーティなコンパクトカーに生まれ変わっています。
もちろんベンツとしての高級感を残したイメージチェンジであるため、あらゆる年齢層の方が満足できる車です。
搭載されている直噴ターボエンジンによって、運転の楽しさも実現しているため、中古車市場でも平成25年以降のAクラスは人気車種になっています。
すでに4代目Aクラスも販売開始されているため、まだまだ人気のある3代目Aクラスを売却して4代目を購入する方も多いようです。
非常に高額査定になる可能性もあるため、一度売却金額を調べてみるのも良い方法と言えるでしょう。

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!