トップ  >   【知らなきゃ損】アルファード・ヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車はどちらがお得?

【知らなきゃ損】アルファード・ヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車はどちらがお得?

  2019年8月30日 Posted by 編集部

「燃費が良く経済的」だと人気のハイブリッド車。軽自動車からSUV、ミニバンまで多くの車種でハイブリッド車が増えて来ています。今、非常に人気のアルファード・ヴェルファイアにもハイブリッド車の設定がありますが、果たして本当にお得なのでしょうか?この記事では、アルファード・ヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車、どちらがお得なのかを見ていきます。

 

アルファード・ヴェルファイアはガソリン車の方がお得

アルファード・ヴェルファイアと言えば、「値落ちしづらい」「高値で売却出来る」ということで有名です。ハイブリッド車なら更に経済的にお得に乗れるのではないか?そう考える方もいらっしゃるかと思いますが、結論としては、『ガソリン車の方がお得』です!

下記についてそれぞれ見ていきましょう。

  1. 新車の価格差
  2. ガソリン代の差
  3. 売却時の価格

 

ハイブリッド車とガソリン車の新車購入時の価格差

まず1つ目について見ていきます。今回は、例としてアルファードのハイブリッド車のSRCパッケージとガソリン車のSCパッケージを考えます。

これらはそれぞれの燃料タイプで最も人気のグレードです。多少装備品が異なりますが、SRCパッケージは、SCパッケージのハイブリッド版と考えても良いと言えるグレードです。アルファードとヴェルファイアは兄弟車ですので、以降の話はヴェルファイアでも同じと考えてください。

 

本体価格は、トヨタ公式HPより、下記のようになっています。

グレード 価格(税込)
S Cパッケージ(2WD) 4,383,720円
S Cパッケージ(4WD) 4,633,200円
SR Cパッケージ 5,695,920円

 

S CパッケージとSR Cパッケージでは、同じ4WD車で比べて、なんと約100万円も値段が違います。

ハイブリッド車は4WDのみですが、暖かい地域で4WDが不要ということであれば、2WDを選択するとその価格差は約130万円ほどになります。SR Cパッケージはエコカー減税とグリーン化特例で優遇額が約213,300円ありますが、それを考慮しても約110万円の価格差となります。

 

ハイブリッド車とガソリン車の燃費とガソリン代の差

次にガソリン車とハイブリッド車の燃費と、どれだけガソリン代がお得になるかを見ていきます。それぞれのカタログ燃費はこちら。

車種 燃費(km/L)
ガソリン車(2WD) 11.4*
ガソリン車(4WD) 12.0
ハイブリッド車 18.4

*アイドリングストップ機能装着車の燃費は12.4km/Lになります。

 

では、ガソリン車(2WD)とハイブリッド車で、同じ距離を走った場合に、どれだけハイブリッド車がお得になるか計算してみます。ガソリン代を140円/Lとして計算したのが下記の表です。

走行距離 ハイブリッド車がお得な金額(円)*
1万km 47,000
3万km 141,000
5万km 235,000
8万km 376,000
10万km 470,000
20万km 940,000

*およその金額を表示してあります。

一般的に、車の走行距離は1年で1万kmと言われていますので、一般的な走り方をした場合、1年でハイブリッド車が約47,000円お得という計算になります。

この条件ですと、S Cパッケージ(2WD)とSR Cパッケージの新車購入時の価格差を埋めようと思うと、20万km以上走らなければならないことになります。

実際は、ガソリンの値段は変わりますし、運転の仕方や地形、装備品で実燃費は変わってきますので、この計算の通りにはなりませんが、目安として考えて頂けると良いと思います。

▼燃費が気になる方はこちら▼

【30系後期】新型アルファードの燃費はどうなの?

 

ハイブリッド車とガソリン車の売却時の価格差

最後に売却時の価格差について見ていきます。

新車購入時には、約110万円の価格差がありましたが、売却時にその価格差が110万円になることは少ないでしょう。車の状態、走行距離やタイミングなどによっては、新車購入から3~4年後に売却する際に、数十万円ほどしか違わなかったり、場合によってはガソリン車の方が値段がつくこともあります。

アルファード・ヴェルファイアが値落ちしづらいと言われている最も大きな理由が、国内より高値で取引されているマレーシアへ輸出されているからです。しかし、ハイブリッド車はほぼ輸出に出ておりません。そのため、ハイブリッド車とガソリン車の売却時の価格差が小さくなったり、ガソリン車の方が高くなっていることがあるのです。

売却時の価格が同じだとすると、新車購入時の差を埋めるには先程の前提では約20万km走る必要があります。これはなかなか現実的ではありませんので、新車購入、燃費、売却価格を総合で判断すると多くの場合でガソリン車の方がお得と言えるでしょう。

走行距離が短く状態が良ければ、売却時の価格差は大きくなりますが、あまり走らないのであれば、燃費の恩恵もあまり受けませんので、最初の支払い金額が約110万円安い分ガソリン車の方が経済的負担が少ないのかなと思います。

▼ENGはマレーシア輸出No.1▼

【必見】ENGが買取店よりも高価買取出来る仕組み

 

まとめ

この記事ではアルファード・ヴェルファイアはガソリン車とハイブリッド車のどちらがお得かというのを見てきました。燃費はハイブリッド車の方が良いですが、新車購入時の価格差と売却時の価格を考えると、ガソリン車の方がお得な可能性が高そうです。

条件によっては、必ずしもガソリン車の方がお得にはならないかもしれせんが、多くのケースでガソリン車を選んでおくのが無難と思われます。ハイブリッド車をご検討されている方は、どの程度距離を走る予定なのか、しっかりシミュレーションして頂いて購入されるのが良さそうです。

最後に、ENGではアルファード・ヴェルファイアの新車販売を行っております。ENGからご購入頂けるお客様には、お得に乗り換えるための購入の仕方をご提案致しますので、是非お問い合わせください。

▼関連するガイド▼

【アルファード・ヴェルファイア】新車を買うならENGがオススメの理由 | いくらで売れるか気にしていますか?

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

アルファード 2.5S Cパッケージ

  • 年式: 2018年式
  • 色: ブラック
  • 走行距離: 8,000km

サンルーフ / 3眼LED / リアエンターテイメント / パノラミックビューモニター / デジタルインナーミラー

ENG査定額
540万円以上

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!