トップ  >   【30系後期】新型アルファードのサイズってどうなの?

【30系後期】新型アルファードのサイズってどうなの?

  2018年3月29日 Posted by 編集部

アルファードの購入を検討している方の多くが、サイズを気にしているようです。たしかにアルファードは大型な車種の1つなので、運転しやすいのか、狭いスペースにもしっかり入れられるのかなど、気になる点はあります。

ここではアルファードのサイズを中心にその性能をチェックしていきましょう。2017年にマイナーチェンジが行われましたので、詳しい情報を入手しておく必要があります。

【マイナーチェンジ後の30後期アルファード】おすすめガイド5選

 

30系後期の新型アルファードのサイズ

新型アルファード、つまり2017年に登場した30系の後期モデルは従来モデルと比較して、若干ではありますがサイズは大きくなっています。新型と従来モデルを比較してみましょう。

新型のサイズは全長が495.0センチで、全幅は185センチ、そして全高が193.5センチとなっています。20系アルファードだと全長は487センチで、全幅は183センチ、そして全高が189センチとなっており、30系前期モデルは、全長が493.5センチで、全幅は185センチ、そして全高が188センチとなっています。

 

全長 全幅 全高
30系後期 495.0cm 185cm 193.5cm
30系前期 493.5cm 185cm 188cm
20系 487cm 185cm 188cm

 

30系後期モデルが数センチではありますが、過去最大の大きさになっています。ぱっと見ではほとんど違いがわからないくらいですが、全体的な印象として新型の方が少し大きくなっている結果です。ただ、全高に関しては4.5~5.5センチ高くなっているので、高さ制限のある場所では注意が必要です。

 

新型アルファードの室内サイズは?

 

次にアルファードの室内の広さについてチェックしてみましょう。

ステップ幅は180ミリと十分なサイズが確保されていて、ステップ高も350ミリと無理なく乗り降りができる高さを実現しています。スライドドアの開口幅は780ミリで、大きく開くことからセカンドシートはもちろん、サードシートへも乗り込みやすくなっています。

 

後席へもラクラク乗り降りできるサイズなので、お子さんや友人を乗せてドライブなんて時をはじめ、後席に荷物を乗せたい時も便利です。

スライドドアに関してはアシストグリップも長さが485ミリと大型化が施されていて、より開け閉めが楽になっているのも注目でしょう。とにかく広々とした室内空間が作り出されていて、インテリアの高級感と合わせて快適なドライビングを楽しむことが可能です。

さらにSAパッケージでは、助手席にはロングスライドレールを装備、最大で1,160ミリもスライドさせられます。セカンドシートの位置とほぼ同じくらいまでスライドさせることで、助手席も擬似的にセカンドシートとして扱えるようになります。これも十分な室内空間を持っているアルファードならではでしょう。

 

▼関連するガイド▼

30系後期新型アルファードの内装のまとめ

最小回転半径について

最小回転半径というのは、要はその車がどのくらい小回りがきくのか、という目安です。最小回転半径の数字が小さいほど小回りがきき、車を切り返しやすかったりUターンしやすかったりします。たとえば軽自動車などは車体そのものが小さく、タイヤも小さかったりするので最小回転半径に優れていて、小回りがききます。

ではアルファードはどうなのか、新型アルファードの最小回転半径は5.6メートル、もしくは5.8メートルとなっています。なぜ最小回転半径に違いが出ているのか、これはグレードによって最小回転半径が変わるからです。

ガソリン車のグレードSAやAをはじめとして、GやGFグレードはそれぞれ最小回転半径が5.8メートルで、それ以外のグレードでは5.6メートルとなります。同じ車種ですがグレードによって最小回転半径に0.2メートルの差が出るので注意しましょう。

アルファードのサイズを考えるとこれは十分な最小回転半径と言っていいのではないでしょうか。ミニバンですから軽自動車などと比較すれば当然負けてしまいますが、小回りもききやすい車種と言えそうです。

 

下記がヴェルファイアがUターンをしている動画です。Uターンし終わるところまでは映像に出来ておりませんが、これくらいの道幅ですと少し膨らむと一発でUターンが出来ます。

 

サイズが大きいからこその嬉しい装備も

室内空間が広くなるなど、サイズが大きいことのメリットもありますが、やはり運転しやすいかは問題になってきます。そこでアルファードではサイズの大きさをカバーできるよう、嬉しい装備が搭載されています。

レーントレーシングアシスト

これは30系後期モデルで搭載された機能で、コンピューターが道路のラインを認識し、車がラインを超えそうな時に警告したり、ハンドル操作を支援してくれる機能です。

サイズが大きいと無意識でラインに近づいてしまうことがありますが、そうした事態を防いでくれるわけです。

 

デジタルインナーミラー

これも30系後期モデルで新登場した機能で、車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示することが出来ます。

このサイズの車両だからこそ、大きな荷物を荷室に積むこともあるでしょう。その場合、後方の視界が悪くなりがちですが、デジタルインターミラーを使用すれば、視界を遮るものがない状態で後方を確認することが出来ます。

鏡面ミラーモードとデジタルインナーミラーモードに切り替えることが出来るのですが、走行中は危険なので、切り替えは止めましょう。Executive Loungeを除く全車種にメーカーオプションとして設定することが出来ます。

 

ブラインドスポットモニター

隣のレーンを走るレーダーで検知するシステムです。隣接レーンの最大約60m後方までモニターし、車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯して教えてくれます。

車線変更時の後方確認をアシストしてくれます。大型車は、後側方はドアミラーではなかなか確認しづらいですよね。

こちらもExecutive Loungeを除く全車種にメーカーオプションとして設定することが出来ます。

 

まとめ

アルファードは2017年のマイナーチェンジでさらに進化を遂げ、大きなサイズでありながら運転のしやすさも持っています。

とはいえ、サイズの問題で通れない道があったり、駐車が出来ない場合もあるかと思います。2018年の秋現在も、注文から納車まで数ヵ月かかっている大人気のアルファードですので、すぐに注文をしたい気持ちはよく分かりますが、しっかりサイズを確認から購入に進みましょう。

 

あわせて読みたい>>>【徹底比較】アルファードVSエルグランド

あわせて読みたい>>>【30系後期】新型アルファードの燃費はどうなの?

 

▼こちらの記事も読まれています▼

【アルファード・ヴェルファイア】新車を買うならENGがオススメの理由

【待てるなら年明けに】30後期ヴェルファイア・アルファード納車タイミング

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

アルファード 2.5S C パッケージ

  • 年式: 2016年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 35000km

サンルーフ / 社外ナビ / 後席モニター / バックカメラ / プリクラッシュセーフティ

ENG査定額
410万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!