トップ  >   【30系後期アルファード・ヴェルファイア】純正デジタルインナーミラーのご紹介!

【30系後期アルファード・ヴェルファイア】純正デジタルインナーミラーのご紹介!

  2019年8月8日 Posted by 編集部

この記事では、30系後期アルファード・ヴェルファイアの人気装備の1つである「デジタルインナーミラー」をご紹介していきます。これから新車購入を検討されている方は参考にされてください。

 

デジタルインナーミラーとは

デジタルインナーミラーは車両後方カメラの映像をミラーに映すことが出来ます。そのため、後席に人や荷物があって後方が見えづらい場合でもしっかり視界を確保することが出来ます。

また、後席を映さないことで、後席の人のプライバシーを確保することも出来ます。

切替レバーで、通常の鏡のように映る鏡面モードと、デジタルミラーモードを切替可能です。

デジタルインナーミラーのカメラの場所

気になる後方カメラの場所は、リアゲートのエンブレムの上のあたりです。光の加減もあって、カメラの位置は非常にわかりづらいです。

裏側からはカメラが確認出来ません。知らないとカメラの位置を見つけるのは難しいかもしれません。

リアゲートにカメラがついているので、リアゲートを開けると、デジタルインナーミラーには空が映ります。また、雨の日は雨の雫がカメラの前にあるとぼやけて見づらくなりますので、その場合は、鏡面モードに切り替える方が良いかもしれません。

設定変更について

次に、設定変更について見ていきます。設定変更には、「メニュー/決定スイッチ」と、2つの「選択スイッチ」を利用します。

メニューの内容は下記のようになっています。

  1. 明るさ
  2. 上下の見え方
  3. 左右の見え方
  4. 傾き
  5. 拡大・縮小
  6. PLSモードのON・OFF

⑥のPLSモードはONにすることで、後続車のヘッドランプのまぶしさを抑えて、見えにくくなることを防いでくれます。夜間はPLSモードをONにしておくのが良さそうです。

動画で見るデジタルインナーミラー

デジタルインナーミラーを動画でご紹介しています。走行中の見え方もご紹介していますので、是非チェックしてみてください。

 

まとめ

この記事では、デジタルインナーミラーをご紹介しました。30系後期になって非常に人気の装備ですが、後方の見やすさを体感するとその理由も納得です。

デジタルインナーミラーは、エグゼクティブラウンジシリーズを除いてメーカーオプションになっています。

これから新車を購入される方は、デジタルインナーミラーの設定をご検討してみてはいかがでしょうか?

 

▼関連ガイド▼

【マイナーチェンジ後の30系後期アルファード】おすすめガイド6選 | 新車購入前に読んでおきたいガイドまとめ

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

レクサス NX200t Fスポーツ

  • 年式: 2016年式
  • 色: シルバー
  • 走行距離: 21,000km

サンルーフ / 3眼LED / メーカーナビ / パノラミックビューモニター / パワーバックドア / クリアランスソナー

ENG査定額
340万円以上

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!