車買取・査定なら高額買取のENG
通話無料!お電話はお気軽に 0078-60131-0027
トップ  >   TOYOTA 新型フルサイズワゴン “グランエース”を発表!アルファードよりどれだけ大きいか比較してみた!

TOYOTA 新型フルサイズワゴン “グランエース”を発表!アルファードよりどれだけ大きいか比較してみた!

  2019年10月10日 Posted by 編集部


2019年10月8日、トヨタは新型フルサイズワゴンの「グランエース」を全国のトヨタ車両販売店を通じて2019年内に発売する予定と発表しました。初お披露目は、第46回東京モーターショー2019とのことです。

▼関連記事:販売価格決定▼

TOYOTA フルサイズ高級ワゴンのグランエースを12月16日(月)より発売!

【改良内容まとめ】トヨタ、アルファード・ヴェルファイア一部改良し2020年1月6日に発売!ディスプレイオーディオが標準搭載!

グランエースはどんなクルマ?

グランエースは、スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第一人者・優れた者」を意味する「ACE」からの造語とのこと。全長5.3m、全幅1.97m*と非常に大きく、全長5m以上のフルサイズワゴンに位置付けられます。

パワートレイン(エンジンやドライブシャフトなどの動力源)の後端の上に運転席を配置し、比較的短いボンネットを持つ、セミボンネットと呼ばれる形状を採用し、ゆとりの室内空間を実現しています。

シートの数を選択することが出来、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプが設定されています。シートの列数が違うタイプが設定されているのは、特徴的ですね。

*トヨタ社、社内測定値。

 

グランエースの外装

グランエースの外装を見ていきます。

グランエース外装フロント

金属調加飾の大型ラジエーターグリルがヘッドランプと融合。特徴的なLEDデイタイムランニングランプと2眼LEDヘッドランプが高級車にふさわしい先進性を表現しています。

グランエース外装リアグランエース外装サイド

アルミホイールは、30系前期アルファードヴェルファイア18インチ(切削光輝)アルミホイールに似ています。

▼30系前期アルファード2.5SCパッケージ▼

30系前期アルファード2.5SCパッケージ外装サイド

▼関連するガイド▼

【30系後期アルファード・ヴェルファイア】純正アルミホイールの種類まとめ

 

グランエースの内装

続いて、グランエースの内装です。

グランエース内装

ブラックを基調としたインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属加飾が施されており、助手席正面には木目調加飾が配されています。

グランエース内装2列目

こちらがグランエースの最大の特徴とも言える後席シートです。3列シート6人乗りと、4列シート8人乗りが設定されています。2列目3列目が本革キャプテンシートになっており、ロングスライド機構や、電動リクライニング、電動オットマン、快適温熱シートも設定されているとのこと。

グランエース内装全体

こちらが4列シート8人乗りのデザインスケッチです。4列シートは迫力がありますね!

2列目3列目シートは、アルファード・ヴェルファイアのエグゼクティブパワーシートに酷似しています。アルファード・ヴェルファイアの最高級グレード、エグゼクティブラウンジに設定されているエグゼクティブラウンジシートには、格納式テーブルや集中コントロールスイッチがありますので、2列目シートを比較するとエグゼクティブラウンジの方がリッチと言えそうです。

しかし、エグゼクティブラウンジの3列目シートには電動リクライニングや電動オットマンは設定されおらず、3人掛け仕様になっていますので、グランエースはより多くのVIPの送迎などを想定した車両になっていることが伺えます。

▼参考:アルファード 3.5GFのエグゼクティブパワーシート▼

アルファード3.5GF2列目エグゼクティブパワーシート

▼エグゼクティブラウンジシートの格納式テーブルと集中コントロールスイッチ▼

アルファードエグゼクティブラウンジ2列目エグゼクティブラウンジシート

▼関連するガイド▼

新型アルファードの内装のまとめ!画像でグレード毎のシートや特徴もご紹介!

 

グランエースの基本性能

エンジンは、1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンを採用し、6速オートマチックトランスミッションを搭載。滑らかさに加えて低回転からのトルクフルな走行を実現しています。また、駆動方式としては、後輪駆動のFRレイアウトを採用しています。

リアの足回りには、新開発のトレーリングリンク車軸式リヤサスペンションが採用されています。上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現しています。高級ワゴンにふさわしい振動対策や遮音対策が取られています。

 

グランエースの先進装備

グランエースは安全性にもこだわっています。ぶつからないをサポートしてくれるプリクラッシュセーフティ機能を含む、予防安全パッケージの「Toyota Safety Sense」や、駐車場などの低走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナーが装備されています。

また、最近話題になっているディスプレイオーディオ(DA)を標準しており、スマートフォン連携機能により、スマートフォンで利用している地図アプリや音楽アプリをディスプレイ上で表示・操作が可能になっています。今までの標準のナビは使えないの?と思った方は下記の記事で、ディスプレイオーディオについて確認しておきましょう。

▼関連するガイド▼

トヨタ:スマホとクルマをつなぐディスプレイオーディオ(DA:DISPLAY AUDIO)をご紹介!

 

グランエースの諸元

グランエースの諸元についても、見ておきましょう。サイズは全てトヨタ社の社内測定値で、6人乗りの場合のサイズになります。より詳しい車両情報はまだ公開されていません。

全長(mm) 5,300
全幅(mm) 1,970
全高(mm) 1,990
ホイールベース(mm) 3,210
トレッド フロント/リヤ(mm) 1,670/1,670
室内長(mm) 3,290*
室内幅(mm) 1,735
室内高(mm) 1,290
エンジン 型式 1GD(クリーンディーゼル)
排気量(cc) 2,754

*8人乗りの場合は、3,365mm

 

アルファードとのサイズの比較

トヨタ車の大人気のLLサイズのミニバンのアルファードともサイズを比較しておきます。グランエースは8人乗り、アルファードはエアロモデルのS”C パッケージ”の2WDの場合です。

グランエース
(8人乗り)
アルファード
全長(mm) 5,300 4,950
全幅(mm) 1,970 1,850
全高(mm) 1,990 1,935
ホイールベース(mm) 3,210 3,000
トレッド フロント/リヤ(mm) 1,670/1,670 1,575/1,580
室内長(mm) 3,365 3,210
室内幅(mm) 1,735 1,590
室内高(mm) 1,290 1,400

 

グランエースは、アルファードと比べて、全長がなんと350mmも長く、全幅も120mm長くなっています。4列シートが設定出来るだけあって非常に大きいことがわかります。

室内長、室内幅もグランエースの方が大きいですが、室内高はアルファードに軍配が上がっています。アルファードはサンルーフをつけた場合でも1,360mmの室内高がありますので、グランエースより広々とした頭上空間が確保出来ています。

やはり全体的なサイズで見ると、グランエースが一回りも二回りも大きいことがわかります。

▼より詳しいアルファードのサイズ▼

アルファードのサイズってどうなの?全高・全長・全幅や室内寸法をご紹介!ライバル車ともサイズを比較します

 

気になるグランエースの価格は?

2019年10月8日の時点では、グランエースの価格は発表されていません。しかし、これだけのサイズと高級感、先進性を兼ね備えたグランエースですので、高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイアと同等かそれ以上の価格帯になることが予想されます。

▼販売価格決定▼

TOYOTA フルサイズ高級ワゴンのグランエースを12月16日(月)より発売!

 

まとめ

グランエースは、VIPの送迎などを見込んだフルサイズの高級ワゴンです。多くのVIPを送迎出来るように2列目、3列目シートは本革のキャプテンシートになっています。2020年の東京オリンピックを見越したこのタイミングの発売なのでしょう。

全長5.3mと非常に大きいですので、狭い道を運転するのは大変そうですが、広い室内と高級感は非常に魅力です。気になる方は東京モーターショー2019に足を運んでみてはいかがでしょうか。一足先に、グランエースを見ることが出来ますよ。

 

▼関連するガイド▼

TOYOTA フルサイズ高級ワゴンのグランエースを12月16日(月)より発売!

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!