トップ  >   アルファード・ヴェルファイアの各グレードを紹介!違いは何?

アルファード・ヴェルファイアの各グレードを紹介!違いは何?

  2020年4月7日 Posted by 編集部

トヨタの大人気高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイア。2020年1月に一部改良が行われたことでも話題になりました。

これから購入を考えている方も多いと思いますが、アルファード・ヴェルファイアには沢山グレードが用意されており、どのグレードにしようか迷っている方もいると思います。

この記事では、アルファード・ヴェルファイアの各グレードの特徴をご紹介していきます。カーライフにあったご購入が出来るよう、ご参考になれば幸いです。

【TOYOTA・特別仕様車】アルファード S”TYPE GOLD”・ヴェルファイア Z”GOLDEN EYES”を発表!

アルファード・ヴェルファイアのグレードの種類

アルファード・ヴェルファイアにはガソリン車とハイブリッド車の合計で16種類*のグレードがあります。下記の表です。

アルファード・ヴェルファイアは兄弟車で、表の横並びになっているグレードが対応しています。外観以外は同じです。

ハイブリッド車は4WDのみとなりますが、ガソリン車は2WDと4WDを選べたりと幅広い選択肢が用意されています。また、外観のタイプによって、ノーマルボディエアロボディに大別されます。

残念ながら、2020年1月の一部改良で、アルファードのS”Aパッケージ”、ヴェルファイアのZ”Aエディション”が廃止になりました。

一部改良の内容は「【改良内容まとめ】トヨタ、アルファード・ヴェルファイア一部改良し2020年1月6日に発売!ディスプレイオーディオが標準搭載!」にまとめてあります。

*福祉車両は除く

アルファード ヴェルファイア 価格[円]
ガソリン車 X X 3520000~
G V 4539000~
GF VL 5185000~
Executive Lounge Executive Lounge 7269000~
S Z 3864000~
S “Cパッケージ” Z”Gエディション” 4664000~
SC ZG 5260000~
Executive Lounge S Executive Lounge Z 7421000~
ハイブリッド車 HYBRID X HYBRID X 4547000
HYBRID G HYBRID V 5344000
HYBRID G”Fパッケージ” HYBRID V”Lエディション” 5507000
HYBRID Executive Lounge HYBRID Executive Lounge 7599000
HYBRID S HYBRID Z 4799000
HYBRID SR HYBRID ZR 5491000
HYBRID SR”Cパッケージ” HYBRID ZR”Gエディション” 5654000
HYBRID Executive Lounge S HYBRID Executive Lounge Z 7752000


これだけグレードがあると何が違うのか?と思ってしまうかもしれません。価格帯も300万円台~700万円台までと、幅広くなっています。次からは各グレードの特徴をご紹介していきます。

わかりやすくするために、アルファードのグレードでご紹介をしていきますので、ヴェルファイアの場合は、対応グレードに置き換えてお考えください。

ノーマルボディのグレード

まずはノーマルボディのグレードからご紹介していきます。ノーマルボディのグレードは表の通りです。

ガソリン車 ハイブリッド車
・X[2.5L]
・G[2.5L]
・GF[3.5L]
・Executive Lounge[3.5L]
・X
・G
・G”Fパッケージ”
・Executive Lounge

ノーマルボディ車両の特徴の1つを挙げると、最上級グレードのExecutive Lounge以外は、内装色がベージュだということです。Executive Loungeは黒が標準ですが、ベージュへ変更することが出来ます。

エアロボディ車両の内装色は、Executive Lounge以外、ブラックのみとなりますので、内装ベージュの車両が良い方はノーマルボディの車両を選択することが多くなると思います。

また、ノーマルボディとエアロボディで選択出来る外装色が若干違います。アルファードとヴェルファイアでも選択出来る色が違ってきますので、気になる方は「【カラー】30系後期アルファード外装色まとめ | あなたにピッタリのカラーは?」をご覧ください。

 

X / HYBRID X

Xはエントリーモデルです。

しかし、エントリーモデルながらも、インストルメントパネルに加飾がされていたり、トヨタの予防安全パッケージのToyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステムを除く)も標準搭載されていたりします。アルミホイール(16インチ)も設定され、十分魅力的なグレードと言えます。

関連記事:トヨタ アルファード・ヴェルファイアが予防安全性能評価で大賞を獲得!!

Xの最大の特徴が、8人乗りであるということです。2列目の3人掛けのベンチシートになっており、お子様の隣に座りたいご家族の方に人気です。

ノーマルボディの他のグレードは、7人乗りしか設定がありませんので、8人乗りが良いということでXを選択される方も少なくありません。上位モデルと比べて、安価なことも人気の理由の1つです。

ちなみに、ガソリン車は8人乗りのみの設定ですが、HYBRID車は7人乗りと8人乗りを選ぶことが出来ます。

ミニバンでは定番になっている装備品が、パワースライドドアです。Xは標準では、助手席側しか設定がありませんが、メーカーオプションで運転席側にも設定出来ます。

こちらは便利な装備品ですし、リセールの観点からもつけておいてお得な場合が多いので、両側つけておくのがオススメです。

上位グレードとの違いをもう少し見ておきます。

30系後期モデルから登場した特徴的な装備の1つが、3眼LEDヘッドランプとシーケンシャルターンランプ(いわゆる、流れるウィンカー)です。しかし、残念ながらXには共に設定がなく、ヘッドランプは2眼LEDです。

また、シート素材は、ファブリックシートとなっています。ファブリックでも十分という方も多いと思いますが、上位モデルがプレミアムナッパ本革、もしくは合成皮革であるのと比べると、少し控えめな印象になっています。

細かい違いは他にもありますが、まずはこのあたりをどう捉えるかで、上位グレードを考えるのかXで購入の検討を進めるのかが判断出来そうです。

<X / HYBRID Xのポイント>
・エントリーモデルでも十分魅力的

・Toyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステムを除く)
・16インチアルミホイール
・8人乗りがご家族に人気
・両側パワースライドドアはつけておくのがオススメ
・2眼LEDヘッドランプ
・ファブリックシート

G / HYBRID G

続いて、Xの上位モデルのGです。

シート素材が合成皮革となり、2列目は7人乗り専用のリラックスキャプテンシートになっています。3眼LEDヘッドランプ標準搭載、17インチアルミホイールなど装備品が充実しています。

ステアリングは本革巻きで、一部にメタルブラウンウッドが採用されています。また、フロントシートには快適温熱シートも設定があります。

Xでは片側標準であったパワースライドドアも、Gでは両側が標準になっています。

また、ミニバンならではの装備品の1つであるパワーバックドアを、メーカーオプションで設定することが出来るようになります。

パワーバックドアは、大きな荷物を持っている場合や、女性の方にはとても便利な機能です。設定があるグレードが良いという方は、ノーマルボディの車であれば、G以上のグレードが購入の検討対象に入ってきます。

G以上と言えば、Toyota Safety Senseのアダプティブハイビームシステムが、G以上のグレードでは標準装備に加わりますので、より安心です。

<G / HYBRID Gのポイント>
・シート素材:合成皮革

・3眼LEDヘッドランプ
・17インチアルミホイール
・フロントシート:快適温熱シート
・両側パワースライドドア標準
・メーカーオプションでパワーバックドア設定可
・アダプティブハイビームシステム標準搭載

 

GF / HYBRID G”Fパッケージ”

Gの上位グレードが、GF・G”Fパッケージ”になります。

X、Gのガソリン車の排気量が2.5Lであったに対し、GFからは排気量が3.5Lとなります。エンジンパワーにこだわりたい方は、GF以上のグレードが選択肢に入ってくると思います。

Gではオプションであったパワーバックドアが標準となり、2列目シートもエグゼクティブパワーシートへランクアップしています。

エグゼクティブパワーシートは、パワーリクライニングやパワーオットマンが装備されており、名前の通りエグゼクティブな気分を味わうことが出来ます。

シート素材は合成皮革です。一部改良前は、本革シート標準でしたが、一部改良で合成皮革になり、Gとの差が小さくなりました。

細かい点では、GF・G”Fパッケージ”からはステアリングヒーターが追加されていますが、大きな違いは排気量(ガソリン車のみ)、パワーバックドア標準と2列目シートと考えておいて良いでしょう。

<GF / HYBRID G”Fパッケージ”のポイント>
・ガソリン車の排気量:3.5L

・パワーバックドア標準
・2列目エグゼクティブパワーシート
・ステアリングヒーター

Executive Lounge/HYBRID Executive Lounge

最上級グレードのExecutive Loungeです。

価格帯も700万円を超えていますが、価格に見合った装備品が設定されています。

シート素材はプレミアムナッパ本革が採用され、2列目シートもエグゼクティブラウンジシートへランクアップされています。読書灯快適温熱シート+ベンチレーションが設定されより快適に過ごすことが出来ます。パワーリクライニングには、メモリー機能も追加されているので、いつでもベストポジションをとれるようになりました。

また、下位グレードではメーカーオプションであった、いわゆるメーカーオプションナビ(JBLサウンドシステム付き)13.3インチリヤシートエンターテインメントシステムパノラミックビューモニターも標準で設定されています。

安全機能も充実しており、デジタルインナーミラーブラインドスポットモニターリヤクロストラフィックオートブレーキなども標準装備になっています。

このようにExecutive Loungeでは、ほとんどの装備品が標準で搭載されており、メーカーオプションで設定できる装備品が数えるほどになっています。

メーカーオプションで設定出来る装備品が下記です。

・スペアタイヤ
・ムーンルーフ
・ITS Connect
・LEDリヤフォグランプ
・おくだけ充電
・寒冷地仕様

せっかくアルファード・ヴェルファイアに乗るのであれば最上級のものをとお考えの方にはオススメです。

また、後席の快適性が素晴らしいので、海外でも要人の送迎や社用車に使われたり、国内でも有名な芸能人の方が乗っていたりします。

<Executive Lounge / HYBRID Executive Lounge のポイント>
・価格帯が700万円~

・2列目:エグゼクティブラウンジシート
・ほとんどの装備品が標準装備
・要人の送迎や社用車に使われたり、芸能人も乗っている

 

エアロボディのグレード

続いて、エアロボディの車両について見ていきます。エアロボディは、フロント、サイド、リヤにエアロパーツがついています。その分、車両本体価格もノーマルボディよりも高く設定されています。

ガソリン車 ハイブリッド車
・S[2.5L]
・S”Cパッケージ”[2.5L]
・SC[3.5L]
・Executive Lounge S[3.5L]
・S
・SR
・SR”Cパッケージ”
・Executive Lounge S

どちらかというとノーマルボディよりも、エアロボディのグレードの方が人気です。

エアロボディは、Executive Lounge以外は、内装色がブラックになります。内装ベージュが良い方は、ノーマルボディから選択することが多くなると思います。

【カラー】30系後期アルファード外装色まとめ | あなたにピッタリのカラーは?

S/HYBRID S

エアロボディの中でベースとなるグレードがSです。

ガソリン車のS7人乗りと8人乗りを選択することが出来ます。エアロボディの中で8人乗りを選択出来るのはSだけになります。

Xの場合とは逆で、HYBRID Sは7人乗りしか設定がありません。ハイブリッド車で8人乗りが希望の方はHYBRID Xになります。

7人乗りの場合の2列目は、リラックスキャプテンシート、8人乗りの場合は、6:4分割チップアップシートになります。シート素材はどちらもファブリックです。

パワースライドドアは助手席側のみ標準装備です。オプションで運転席側も設定出来ますので、設定しておくのがオススメです。便利ですし、リセール価格にも大きく関わってきます。

残念ながら、パワーバックドアはオプションでも設定することが出来ません。

外装の特徴は、Sが18インチアルミホイールが標準、HYBRID Sが17インチアルミホイールが標準ということです。2眼LEDヘッドランプで、シーケンシャルターンランプの設定もありません。

安全装備のToyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステムを除く)も標準搭載されているので、嬉しいですね。

<S / HYBRID Sのポイント>
・Sは7人乗りと8人乗りを選択出来る

・HYBRID Sは7人乗りのみ
・片側パワースライドドア標準。両側設定がオススメ
・S:18インチアルミホイール、HYBRID S:17インチアルミホイール
・2眼LEDヘッドランプ
・Toyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステムを除く)

HYBRID SR

HYBRID SRがHYBRID Sの上位グレードになります。

7人乗り固定となり、2列目はリラックスキャプテンシートです。シート素材が合成皮革にグレードアップしています。

SR以上のグレードでは、Toyota Safety Senseのアダプティブハイビームシステムも標準搭載されるようになります。また、3眼LEDヘッドランプも標準搭載になり、シーケンシャルターンランプも設定されています。

パワーバックドア、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能も標準搭載されているので、雨の日や大きな荷物がある時も便利ですね。アルミホイールは17インチ標準になっています。

【30系アルファード・ヴェルファイア】雨の日や荷物が多い時に「ウェルカムパワースライドドア」が便利!!

<SRのポイント>
・7人乗り

・2列目リラックスキャプテンシート
・シート素材:合成皮革
・Toyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステム含む)
・3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプ
・17インチアルミホイール

S”Cパッケージ”/HYBRID SR”Cパッケージ”

HYBRID SRの上位グレードが、S”Cパッケージ”とHYBRID SR”Cパッケージ”です。HYBRID SRと比べると、2列目がエグゼクティブパワーシートになり、パワーアップしています。

S”Cパッケージ”とHYBRID SR”Cパッケージ”の大きな違いはアルミホイールです。S”Cパッケージ”が18インチアルミホイールであるのに対して、HYBRID SR”Cパッケージ”は17インチアルミホイールになっています。

<S”Cパッケージ・SR”Cパッケージ”のポイント>
・S”Cパッケージ”:18インチアルミホイール

・HYBRID SR”Cパッケージ”:17インチアルミホイール
・2列目エグゼクティブパワーシート

SC

SCはS”Cパッケージ”の排気量が3.5Lに上がったグレードです。

<SCのポイント>
・排気量3.5L

Executive Lounge S/HYBRID Executive Lounge S

Executive Lounge S、HYBRID Executive Lounge Sは、エアロモデルの最上級グレードです。

外観以外はノーマルボディと同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。

ちなみに、一部改良前はExecutive Loungeをベースにした、コンプリートカーの”ロイヤルラウンジ”が生産されていましたが、2019年12月で生産を終了しています。ロイヤルラウンジは4人乗りの1500万円を超える超高級車でした。

どんな車両か気になる方は、下記の記事をどうぞ!

【アルファード・ヴェルファイア】エグゼクティブラウンジを超えるゴージャスさ!ロイヤルラウンジをご紹介!

まとめ

この記事では、大人気のアルファード・ヴェルファイアのグレードについてまとめました。

グレード毎に大きな違いがありますので、実現したいカーライフと予算とでご相談して頂き、グレードを選択して頂くのが良さそうです。

また、アルファード・ヴェルファイアはリセール価格が良いことでも有名です。「せっかくならリセールにもこだわりたい」「リセールの良い買い方とは?」と思われた方は、下記の記事もご覧下さい。

アルファード・ヴェルファイアの驚異のリセール価格!残価率が高いその理由は?

▼関連記事▼

【TOYOTA・特別仕様車】アルファード S”TYPE GOLD”・ヴェルファイア Z”GOLDEN EYES”を発表!

【改良内容まとめ】トヨタ、アルファード・ヴェルファイア一部改良し2020年1月6日に発売!ディスプレイオーディオが標準搭載!

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!