トップ  >   トヨタ アルファード・ヴェルファイアが予防安全性能評価で大賞を獲得!!

トヨタ アルファード・ヴェルファイアが予防安全性能評価で大賞を獲得!!

  2019年6月7日 Posted by 編集部

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、平成30年度の「自動車アセスメント」の評価結果を発表しました。

その結果、トヨタ「アルファード・ヴェルファイア」が予防安全性能評価で大賞を獲得しました。

 

自動車アセスメントとは

自動車アセスメント」とは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、現在市販されている自動車の安全性能について、試験による評価を行い、その結果を公表したものです。

試験の評価軸としては、大きく「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」があります。衝突安全性能評価は、衝突時の乗員や歩行者の安全性を評価したもので、予防安全性能評価は、事故を未然に防ぐ技術を評価したものです。

その他には、チャイルドシートの安全性能評価をした、「チャイルドシートアセスメント」もあります。

 

平成30年度の予防安全性能評価対象車について

平成30年度の予防安全性能評価については、乗用車17車種・軽自動車4車種の計21車種評価を実施が行われました。下記にメーカーと車種の一覧をまとめてあります。

メーカー 車種
スズキ クロスビー
スズキ ジムニー
スズキ / 三菱 ソリオ / ソリオ バンディット

デリカD:2 / デリカD:2 カスタム

スバル フォレスター
スバル インプレッサ/XV
ダイハツ ミラ トコット
トヨタ アルファード / ヴェルファイア
トヨタ / ダイハツ カムリ / アルティス
トヨタ カローラ スポーツ
トヨタ クラウン
日産 ノート
ホンダ インサイト
ホンダ オデッセイ
ホンダ N-VAN
マツダ アテンザ
マツダ CX-3
マツダ CX-5
マツダ CX-8
三菱 エクリプス クロス
三菱 / 日産 eKスペースカスタム / eKスペース

デイズ ルークス ハイウェイスター / デイズ ルークス

 

予防安全性能評価の評価項目について

今年度の予防安全性能評価は、下記の評価項目で行われました。総合計得点は126点となり、 12点超えで「ASV+」、46点超えで「ASV++」、86点超えで「ASV+++」となります。

 

被害軽減ブレーキ(対車両32点、対歩行者65点(うち夜間40点)):被害軽減ブレーキ試験における減速度(速度低減率)による総合計

高機能前照灯(5点):高機能前照灯の装置の種類に応じた得点の総合計。低速から作動する方が得点が高くなる。

踏み間違い加速抑制(2点):ペダルの踏み間違い時加速抑制装置の試験における、衝突回避あるいは減速量に応じた総合計

車線逸脱抑制(16点):車線逸脱抑制試験における車線逸脱量による得点の総合計

後方視界情報(6点):車室内のモニタに表示される視対象物の数に応じた得点。より広い範囲の視対象物を表示出来る方が得点が高くなる。

 

国土交通省に平成29年度の自動車アセスメントが掲載されています。下記から細かい試験内容などを確認出来ます。まだ平成30年度分は掲載されておらず、少し評価項目が変わっているかもしれませんが、ご参考になさってください。

予防安全性能評価

 

平成30年度の予防安全性能評価の結果

平成30年度の予防安全性能評価において、アルファード・ヴェルファイアは、なんと126点満点を獲得し、大賞に輝きました。対象21車種のうち、15車種が最高評価の「ACV+++」を獲得しています。

また、衝突安全性能評価では、スバル「フォレスター」、トヨタ「クラウン」が、共に最高得点で大賞を受賞しています。

 

詳細は自動車事故対策機構のプレスリリースをご覧ください。

 

▼関連するガイド▼

【30系アルファード・ヴェルファイア】ぶつからないをサポートするプリクラッシュセーフティ機能 | 自動ブレーキ機能で安心

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

アルファード 2.5S Cパッケージ

  • 年式: 2018年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 8000km

サンルーフ / 3眼LED / リアエンターテイメント / パノラミックビューモニター / デジタルインナーミラー

ENG査定額
550万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!