車買取・査定なら高額買取のENG
通話無料!お電話はお気軽に 0066-9769-90570
トップ  >   【2021年5月10日】アルファード・ヴェルファイア一部改良と特別仕様車を発売

【2021年5月10日】アルファード・ヴェルファイア一部改良と特別仕様車を発売

  2021年4月28日 Posted by 編集部

 

トヨタは、アルファード・ヴェルファイアの一部改良と、特別仕様車を5月10日に発売することを発表しました。アルファードはS”TYPE GOLD Ⅱ”、ヴェルファイアはGOLDEN EYES Ⅱが発売されます。

アルファード・ヴェルファイアの一部改良の内容

廃止グレード

最も大きな変更は廃止グレードがあることです。特にヴェルファイアは、今回発売される特別仕様車 GOLDEN EYES Ⅱ以外のモデルが廃止となります。1つ前の特別仕様車はZ “GOLDEN EYES”でしたが、今回モノグレードになったことで、Zの記載がなくなり、GOLDEN EYES Ⅱという表記になっています。

ヴェルファイアがモノグレードになっているのは、将来的に、アルファードとの統廃合をするためでほぼ間違いないでしょう。

アルファードも今回の一部改良でガソリン車のGグレード、ハイブリッド車のS、G、SRグレードが廃止されています。

 

廃止カラー

今回アルファードで廃止が決まっている外装色があります。下記になります。

アルファード:ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、スティールブロンド

ヴェルファイアは、逆に、ホワイトパールクリスタルシャインとブラックしか選択できないようになっています。

 

今回の一部改良では、外装色を選択する楽しみが少し減ってしまいます。もし廃止になってしまったカラーの車両が欲しい方は、中古車でアルファード、ヴェルファイアを購入することを検討してみましょう。

 

追加される装備と廃止される装備

装備面でも変更があります。全車に両側パワースライドドア、アクセサリーコンセントが標準装備となりました。これまで弊社では、リセールを考えて、両側パワースライドドアがオプションのグレードについては、設定して頂くのをおすすめしておりましたが、今後はその必要もなくなります。

スマホやゲーム機を車内で充電することが当たり前になっている今、アクセサリーコンセントの標準装備化も嬉しいポイントです。

最上級グレードのエグゼクティブラウンジシリーズには、助手席可動式ヘッドレストが新たに設定されました。より2列目シートからの視野が確保しやすくなっています。

一方でおくだけ充電が廃止されました。車の中では、充電をしながら使いたいという需要が強かったのかもしれません。

また、オートライトのオフ機能がなくなっています。

 

アルファード・ヴェルファイアの特別仕様車

今回の特別仕様車では、サンバーストゴールドの木目調パネルが設定され、ゴールドスパッタリング加飾が随所に施されています。前回の特別仕様車と比べると大きな違いはありません。

 

アルファード・ヴェルファイアの価格帯

一部改良後の価格帯についてもみておきます。両側パワースライドドアが全車で標準になるなど、装備品が充実した分、値上がりしています。

アルファード 3,597,000円~7,752,000円
アルファード 特別仕様車 4,240,000円~5,088,400円
ヴェルファイア4,240,000円~5,088,400円

 

まとめ

アルファード・ヴェルファイアの一部改良の内容と特別仕様車についてご紹介しました。お乗り換えご検討されている方は、弊社でもお取り扱いしておりますので、是非お問い合わせください。

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!