トップ  >   【一目でわかる】30型ヴェルファイア・アルファードのTOYOTA純正ナビの見分け方

【一目でわかる】30型ヴェルファイア・アルファードのTOYOTA純正ナビの見分け方

  2018年1月31日 Posted by 編集部

査定額に大きく関わってくる1つのポイントがナビの種類です。お問い合わせの前には是非ナビの種類をご確認頂きたいのですが、非常に紛らわしいのが、TOYOTAの純正ナビです。

この記事ではTOYOTA純正ナビの見分け方について書いていきます。

 

 

TOYOTA純正ナビの種類

TOYOTAの純正ナビには、メーカーオプションのナビとディーラーオプションのナビがございます。ともに純正ナビではあるのですが、ナビの種類によって買取価格が変わってきます。お客様も普段ナビの種類はあまり意識されていらっしゃらないかと思いますので、お問い合わせの際に、「どっちだろう?」となってしまう方もしばしばいらっしゃいます。

弊社はこちらでも書きましたが、大きな傷がなければ現車を見なくてもヒヤリング内容で買取値段の提示が可能ですが、ナビの種類がわからないと正確な買取価格を出すことが出来ません。

どこかのタイミングでは必ずご確認して頂く必要がござますので、可能であればお問い合わせ前にご確認頂けるとお話がスムーズかと思います。お話を進めていくうちに実はナビの種類が違いましたということで、提示の金額が変わることもございますので、ご協力いただけますと助かります。

 

今回は、30型のヴェルファイア・アルファードにお乗りのお客様からのお問い合わせが多いので、写真付きでナビの見分け方をご紹介します。ご参考になさってください。

 

30型アルファード・ヴェルファイアのメーカーオプションナビ

下記の写真が、30型のメーカーオプションのナビです。一番わかりやすい見分け方は1枚目の赤丸の部分です。

30型のメーカーオプションナビはJBLサウンドとセットオプションになっています。ナビ左下の赤丸部分を見ていただいて、「JBL」のマークがあれば、メーカーオプションナビです。

2枚目は「JBL」マークを拡大した写真です。

●1枚目●

alt

●2枚目●

alt

 
 
 

 

TOYOTAのディーラーオプションナビ

TOYOTAのディーラーオプションナビは型式で判断出来ます。TOYOTAのディーラーナビの型式は、「N」から始まるアルファベット4文字の後、「-」をはさんで、後ろに文字列が続きます。例を挙げますと、「NSZT-Y64T」のような感じです。

1枚目の写真ですと、赤丸の部分に型式が書いてあります。2枚目が1枚目の赤丸を拡大した写真です。種類によって書いてある場所が変わりますが、フレーム廻りのどこかに記載があります。

メーカーオプションのナビは、他の車種だと上記の見分け方は使えないですが、ディーラーオプションのナビは、見分け方は他の車種でも同じです。型式を見つければ、社外のナビとの区別もパッとつくようになりますので、便利ですよ。

ちなみに、ディーラーオプションのナビと言っても、その中でも人気の差があります。お問い合わせの際には、型式をメモしておいて頂けるとよりお話がスムーズです^^

 
●1枚目●

alt

 
●2枚目●

alt

 

▼関連する記事▼

TOYOTA純正ナビ「T-Connectナビ」新モデルが発売開始

 
 

まとめ

 
知ってしまえば、見分け方は非常に簡単ですので、メーカーオプションとディーラーオプションのどちらの純正ナビが付いているか気になった方は、一度確認をしてみてはいかがでしょうか?本当に3秒で見分けがつきます。
 

 ▼あわせて読みたい▼

お問い合わせ前に読みたい【おすすめガイド8選】

 

すぐに査定可能!即日返答!

関連する記事

その他のお客様の声

買取速報

ランドクルーザー ZX

  • 年式: 2016年式
  • 色: ブラック
  • 走行距離: 35000km

サンルーフ / リアエンターテイメント / パノラミックビューモニター / パワーバックドア

ENG査定額
655万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!