トップ  >   マレーシアでアルファード、ヴェルファイアが人気の3つの理由 | なぜミニバンが人気なのか?

マレーシアでアルファード、ヴェルファイアが人気の3つの理由 | なぜミニバンが人気なのか?

  2019年3月26日 Posted by 編集部

ENGの主な輸出先であるマレーシアではトヨタ車のアルファード・ヴェルファイアが非常に人気です。アルファード・ヴェルファイアは素晴らしい車ですが、数ある車の中でなぜアルファード・ヴェルファイアが人気なのかと思ったことはないでしょうか。

この記事では、マレーシアでアルファード・ヴェルファイアが人気の理由を解説していきます。

 

▼アルファードの買取事例はこちら▼

アルファード

はじめに

ENGではマレーシアへ中古車の輸出を行っていますが、ミニバンの割合が多く、その中でもアルファード・ヴェルファイアが非常に人気です。

以降では、なぜアルファード・ヴェルファイアが人気なのか、マレーシア事情も絡めて見ていきます。

 

理由①:マレーシアの家族構成

1つ目の理由がマレーシアの家族構成です。

日本では核家族化が進んでおり、親子3~5人で生活している世帯が多いと思いますが、マレーシアでは3世代(子、親、祖父母)7~8人で暮らしている家庭が多いです。そのため、車社会であるマレーシアにおいては、7~8人が乗れるミニバンが人気です。

日本国内では、アルファード・ヴェルファイアに数人で乗っていることも少なくないかと思いますが、マレーシアではこういった事情でしっかり7人乗っているケースが多いです。

 

家族構成とは少し話は違いますが、マレーシアではお昼ご飯を食べに行く時も1台の車に乗り合わせていくことが多いそうです。ちょっとした距離でも車で移動することが多いマレーシアでは、駐車場が混雑するので1台に乗り合わせるのだそうです。

様々なシーンで、大人数乗れる車が重宝されているということです。

 

理由②:ビジネスユース

2つ目の理由はビジネスユースです。

マレーシアでは、自分でビジネスをしている方が多く、そのビジネスシーンにおいて、日本よりドライバーさんを雇う文化が強いです。そのため、必然的に後部座席が非常に快適なアルファード・ヴェルファイアに人気が集まっています。

アルファード・ヴェルファイアの快適さは皆さんご存知かと思いますので、ご納得頂けるかと思います。これから購入を検討している方は下記の記事をご覧になって見てください。

ビジネスとプライベート、どちらもアルヴェルという方も多いそうですよ。

 

▼関連ガイド▼

【変更点丸わかり】30系後期新型アルファードの内装のまとめ

理由③:アルファード・ヴェルファイアはステータス

車社会のマレーシアにおいて、高級車のアルファード・ヴェルファイアに乗っていることはステータスになっています。

日本でも高級車や輸入車に乗っていることがステータスとして見られますが、それと同様です。アルファード・ヴェルファイアが素晴らしいのはもちろん、乗車人数も人気の理由ですが、このブランド力が人気を更に後押ししています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では、なぜマレーシアでアルファード・ヴェルファイアが人気なのかをご説明してきました。マレーシアの事情がわかると人気の理由も見えてきますね。

今回はアルファード・ヴェルファイアに注目しましたが、弊社の買取対象であるエスティマ、ウィッシュ、ハリアー、ランドクルーザーもマレーシアでは人気です。愛車のセカンドライフとしてマレーシアを選択されるのはいかがでしょうか。

売却ご検討されている方はお問い合わせください。よろしくお願い致します。

 

▼関連ガイド▼

【レポート】買取車両の輸出先マレーシアはこんな国【町並み・交通事情編】

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

アルファード 2.5S Cパッケージ

  • 年式: 2018年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 9000km

サンルーフ / 3眼LED / リアエンターテイメント / パノラミックビューモニター / デジタルインナーミラー / モデリスタエアロ

ENG査定額
560万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!