トップ  >   【マレーシアの仕組みの変化】既に輸出向け車両の相場に影響が…

【マレーシアの仕組みの変化】既に輸出向け車両の相場に影響が…

  2019年6月25日 Posted by 編集部

ご注意ください!状態が荒い車や、走行距離を走っている車は、オークションで値段で高値がつきづらくなってきています。

 

知っておくべき下取り価格事情!ディーラー下取りで損していませんか?

マレーシアの仕組みの変化と輸入業者

最近マレーシアのエンドユーザーのお客様が、購入前のお車の日本でのオークション出品時の履歴を確認出来るようになりました。これにより当時の車の状態や落札金額までわかるようになりました。

車の状態もそうですが、仕入れ原価がわかってしまいますので、マレーシアの輸入業者はオークションの出品履歴に非常に敏感になっています。

一般的には、どの業界であっても仕入原価や仕入時の状態というのは、エンドユーザーへはブラックボックスです。それが今回オープンになりましたので、マレーシアの輸入業者は販売がしづらくなっています。

詳しくは下記ガイドをご覧ください。

マレーシア市場・日本中古車オークション市場に大激震!買取相場に影響が・・・

輸入業者の仕入れ控え

そこで冒頭でお伝えしたように、修理やメンテナンスが必要な、状態が荒い車や、走行距離が年式に対して多走行な車は「仕入れ原価がお客様に見えると販売しづらい」と、オークションからの仕入れを控える輸入業者が増えてきています。

ENGのお客様の輸入業者の場合、10社あればもう7~8社はいらないとおっしゃっています。その結果、オークションで極端に値段が下落し始めています。

今年になって輸出が始まった30系後期についても同様ですので、今お乗りの方は走行距離と状態に気をつけて頂ければと思います。

 

車の状態に自信がない方は…

しかし、中にはすでに状態や走行距離に自信がない方もいらっしゃるかと思います。

そういう方は是非ENGへお声かけください!

輸出業者であるENGへ直接お売り頂ければ、オークション履歴が残りません。オークション履歴がなければ、ENGのお客様であるマレーシアの輸入業者の多くが、仕入れをすると言っています。

状態の良い車へ需要が集中すると仕入れ競争になりますので、オークション履歴がなく販売しやすい車であれば仕入れをするという判断のようです。

ですので、そういったお車もお値段頑張りますので、是非ENGへお問い合わせください。

まとめ

マレーシアの仕組みの変化で、日本のオークション相場へ既に影響が出てきています。マレーシアへの輸出向け車両を高く売却したい方は、これまで以上に車の状態にお気をつけください。

オークション履歴がついていなければ、輸入業者も買うと言っているお店も多いですので、状態に自信が無い方は是非、輸出業者のENGへ直接ご売却ください。皆様からの沢山の査定のご依頼お待ちしております!

▼あわせて読みたい▼

【お乗りではないですか?】5年落ち間際のアルファード・ヴェルファイア。まもなく中古車輸出の対象から外れ、査定額が下がるかもしれません。

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

ハリアー エレガンス

  • 年式: 2017年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 15,000km

サンルーフ / ディーラーOPナビ / バックカメラ / ハーフレザー / 後期モデル

ENG査定額
230万円以上

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!