トップ  >   【今が売り時!?】2015年式30系アルファード・ヴェルファイア!輸出規制にかかってくる前に!

【今が売り時!?】2015年式30系アルファード・ヴェルファイア!輸出規制にかかってくる前に!

  2019年9月10日 Posted by 編集部

30系アルファードヴェルファイアのフルモデルチェンジが行われたのが2015年1月。早いもので、あと3ヶ月ほどで5年が経過します。

2015年式のアルファード・ヴェルファイアにお乗りの方は、今、売却をご検討ください。

 

アルファード・ヴェルファイアは値落ちしづらいという話を聞いたことがある方も多いと思いますが、その値落ちしづらさを作っているのがマレーシアでの人気です。

特に、2015年式の30系アルファード・ヴェルファイアは、弊社株式会社ENGの主な輸出先であるマレーシア市場の人気が一番強く、流通価格に最も大きな影響を与えています。そのため、マレーシアへの輸出の対象から外れると、売却時の価格がガクッと落ちてしまいます。

マレーシアへは輸出規制の関係で、初年度登録から5年以上経過したお車は輸出出来なくなってしまいます。つまり、30系前期のアルファード・ヴェルファイアもあと3ヶ月ほどで輸出規制の対象に入ってくるということです。

ですので、2015年式の30系アルファード・ヴェルファイアにお乗りの方は、気をつけて頂きたいのですが、では5年経過前に売却すれば大丈夫かと言うと、そうとも限りません。

 

アルファード・ヴェルファイアと同じく、マレーシアで人気の車両のハリアーを例に挙げてみます。

ハリアーは、アルファード・ヴェルファイアより一足先の2013年12月にフルモデルチェンジが行われました。そのため、一部の60系前期の車両は初年度登録から5年が経過し、既に輸出の対象から外れています。

輸出の対象から外れた車両の価格が下がるのは、先述の通りですが、実は、ハリアーのケースでは、まだ輸出の対象から外れていない60系前期車両の相場も、それに引っ張られる形で大きく値を落としました。

具体的には、昨年の10月から徐々に相場が落ち始め、輸出の対象から外れる車両が出てきた12月頃から、輸出対象外になった車両の値落ちに引っ張られて、輸出対象の車両の相場も急激に落ちました。去年は、240-260万あった相場が、最終的には、160-170万ほどまで下落しました。

ハリアークラスの車両価格でこれだけ値落ちをしていますので、単価の高いアルファード・ヴェルファイアの価格帯では、どこまで価格が落ちるか予測不能です。

2015(H27)年式のアルファード・ヴェルファイアは、今値段がついているうちに換金するのが良さそうです。2015年式の30系アルファード・ヴェルファイアにお乗りの方は、まずはお問い合わせください。営業マンがご相談に乗らせて頂きます。

皆様からの沢山のお問い合わせお待ちしております。

 

▼査定はこちらからご依頼ください▼

▼関連するガイド▼

【2015年式アルファード・ヴェルファイア】輸出対象から外れる車両が出てくる前に…

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

ハリアー エレガンス

  • 年式: 2017年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 15,000km

サンルーフ / ディーラーOPナビ / バックカメラ / ハーフレザー / 後期モデル

ENG査定額
230万円以上

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!