トップ  >   活動制限中のクアラルンプールの外食状況

活動制限中のクアラルンプールの外食状況

  2020年11月19日 Posted by 編集部

本日は、活動制限中のマレーシアの首都、クアラルンプールの外食状況をご紹介致します。弊社の現地スタッフが写真を撮ってくれました。

これらの写真のエリアは、レストランが密集するエリアで、普段であれば道路に2列、3列でダブルパーキングが当たり前のエリアです。

しかし、写真をご覧頂くとわかるように、全然車がなく、かなり外食が控えられていることがわかります。

飲食店でも感染症対策が行われており、警戒エリア(イエローゾーン)の飲食店では、1テーブルに2名までなら座って食べることが出来ますが、特別警戒エリア(レッドゾーン)の飲食店では、午後6時までの持ち帰りのみが許可されているそうです。

マレーシアは、賄賂が常習化しており、賄賂を払えばある程度何でも許される風潮がありますが、今回の感染症対策はそうはいかず、違反すれば、1人25,000円の罰金が課せられるそうです。

先日、封鎖された道路の写真もご紹介させて頂きましたが、かなりマレーシアがコロナを重く見て、対策をしていることがわかります。

活動制限令は現時点では12月6日までの予定ですが、この先どうなるのでしょうか。

引き続き、マレーシアの状況を定期的にご紹介していければと思いますので、是非こちらの記事をチェックしてみてください。

▼関連記事▼

【街に人が少ない】活動制限令中のマレーシアの状況

条件付き活動制限令12月6日まで延長!

▼愛車の値段を無料査定で確かめる▼

※正確かつスムーズにお値段をご提示するために、『車検証』をご用意の上、お問い合わせのご協力をお願い致します。詳しくはこちら

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!