車買取・査定なら高額買取のENG
通話無料!お電話はお気軽に 0066-9769-90570
トップ  >   【マレーシア輸出】船積み前の港での作業
港

【マレーシア輸出】船積み前の港での作業

  2021年9月10日 Posted by 編集部


この記事では、マレーシアへ輸出する車両に対して、船積み前に港で行っている作業をご紹介します。輸出の裏側に興味がある方には楽しんでいただけると思います。

船積み前の作業

まず、港に車両が搬入されたら下記のチェックを行います。

  • 鍵の本数チェック
  • 積荷の確認

車両搬入の時点では、ヤードでしっかり清掃などをして仕上げをしておりますので、港で車に対して行う作業はありません。

上の写真は積荷の確認をしているところです。

車を輸出をする際、車内に荷物を載せておく場合には(インナーカーゴ)、事前に申請が必要になります。この事前申請をしていない積荷については、強制的に降ろされてしまいます。

そのため、車両が搬入された際には、申請外の積荷がないかを確認しています。

 

放射能検査

その後、全日検の放射能検査を受けます。車台番号を確認して、フロント、リア、タイヤハウスの放射能濃度を測ってもらいます。

この車は検査に合格しましたので、フロントガラスに検査済みシールがはってあります。

今は基本的に放射能検査に引っかかる車はありませんが、東日本大震災直後は、何台か検査にひっかかって輸出できなかった車もありました。

以上で、マレーシアに輸出する準備が整いました。車を輸出するためには、車両の仕上げや書類手続きなどがありますが、港でやる作業としては実はそれほど多くはありません。

 

岸壁からの風景

ちなみに、岸壁からはこんな風景が見えます。とても良い景色で、力をもらえますね!

輸出される車は、ここからマレーシアの港まで2週間近く海の上になります。

岸壁からの風景

岸壁からの風景

 

まとめ

輸出前の港での作業はいかがでしたでしょうか。放射能検査をしているというのは、驚かれた方もいるのではないでしょうか。

今後も時々こういった情報をお届けしていきますので、お楽しみに!

 

▼関連記事▼

車両搭載能力なんと 3000台! 自動車運搬船「トランスハーモニー2」を見学させていただきました

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!