トップ  >   【オークション状況】30前期アルファード/ヴェルファイア

【オークション状況】30前期アルファード/ヴェルファイア

  2018年11月28日 Posted by 編集部

月曜日に先週のオークションの状況をお伝えしました。まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

 

▼相場下がってます▼

【相場観測】30前期アルファード/ヴェルファイア相場下落中。先週のオークションの動き

 

本日は、昨日今日のオークションの状況をお伝えします。やはりオークションの応札が弱いです。セリの状況としては

 

ENGと小売業者で
落札手前の10~20万円、1対1で競る

ENGとオークション回し屋で
落札手前の10~20万円、1対1で競る

ENGと輸出業者1~2社で
落札手前の10~20万円、1対1で競る*

 

こういったセリばかりでした。オークションは仕組み上2人以上で競らないと価格は上がっていきません。そのため、どこかのプレイヤーが応札をやめた瞬間に相場が更に20万円程落ちる可能性があります。

 

年内輸出の件を先日の記事でも話しましたが、12月上旬の船が年内輸出に間に合う最後の船になりますので、昨日今日、輸出業者はほぼ押して来ていませんでした。

 

明日以降はその船にも間に合わなくなりますので、輸出業者は更に応札から手をひくと思われます。また、年明けの2019年の輸出許可証の発行についても、おそらく1月中旬ではないかという予想ですが、正式には発表されていません。つまり、明確な輸出再開が見えていないということです。

 

こういった状況ですので、この時期に売却をする必要がある方は、お急ぎ頂くのがよいと思います。お早めにご連絡ください。

このタイミングでなくても待てる方は様子を見て頂くのもよいかもしれません。

 

 

明日以降は、輸出業者が応札から手をひくため、オークションでは、そういった事情を知らないオークション回し屋や、大手の買取業者が落札していく台数が増えそうです。

 

ちなみに、大手買取業者ですが、セリを見ていると割とポジティブに買いに来ているなぁという印象です。

今年の3月の相場が落ちている時期に大手買取業者は高い値段で車を落札していました。しばらく、店舗で売れず何ヶ月か寝かせる形になっていましたが、ちょうどこの夏に相場が高騰しましたので、そのタイミングでオークションに車を戻して、利益を出せたということがありました。

もしかすると、その成功体験があるので、この相場が落ちている時期でもポジティブなのかもしれませんね。

 

*ENGと2社で競ったら1対1じゃないですよね。。

▼あわせて読みたい▼

オークションレポートと買取について

マレーシアの動向と30前期の年末年始に向けての相場状況

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

ヴェルファイア 2.5Z G エディション

  • 年式: 2017年式
  • 色: パール
  • 走行距離: 9000km

サンルーフ / ナビ無し / 後席モニター / モデリスタエアロ

ENG査定額
415万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!