トップ  >   人気のミニバン、ヴォクシー VOXY の内装をご紹介!

人気のミニバン、ヴォクシー VOXY の内装をご紹介!

  2020年1月29日 Posted by 編集部

車の購入前に確認しておきたいポイントの1つが、長時間過ごすことになる室内空間です。この記事では、大人気のミニバンのヴォクシーの内装についてみていきます。グレードによって内装の違いもありますので、チェックしておきましょう。

<Point>
 ・乗車定員は7人と8人
 ・シートアレンジが豊富
 ・USB充電端子は全車標準装備

▼この記事もよく読まれています▼

ヴォクシーのサイズはコレ!全長・全幅・全高や室内長もご紹介!

ヴォクシーを買う前に読みたいオススメ記事5選!

乗車定員

ヴォクシーには7人乗り8人乗りが用意されています。福祉車両とハイブリッド車は7人乗り、残りのガソリン車はどのグレードも7人乗りか8人乗りを選択することが出来ます。

7人乗りが良い方はどの車を選んでも問題ありませんが、8人乗りが良い方はガソリン車を選ぶ必要があります。車両本体価格は、7人乗りの方が8人乗りよりも税抜28,000円高くなっています。

グレード 7人乗り 8人乗り
ハイブリッド車 ZS
V
X
ガソリン車 ZS
V
X
サイドリフトアップチルトシート装着車
ウェルジョイン

 

7人乗りのシート写真

7人乗りの実際のシートの写真を見ておきます。こちらは特別仕様車のZS 煌です。

1列目

2列目

3列目

 

ヴォクシーの2列目シートは、縦だけでなく、横にもスライド出来るようになっています。中央側へスライドさせることによって、両側のスライドドアから、サードシートへの乗り込みが楽に行えます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

シートアレンジ

続いて、シートアレンジについて見ておきましょう。ヴォクシーは非常に多くのシートアレンジが用意されていますので、利用シーンに合わせたシートアレンジがきっと見つかるはずです。

7人乗り

まずは7人乗りのシートアレンジを見ていきます。セカンドシートがキャプテンシートで別れている分、シートアレンジの自由度も8人乗りよりも高くなっています。

スーパーリラックスモード

サードシートを跳ね上げ、セカンドシートを横+超ロングスライドにすると、非常に広い空間が生まれます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

フリーアクセスモード

セカンドシート左右を横スライドさせれば、両側スライドドアから同時にサードシートへアクセスできます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

だんらんモード

セカンドシートを前・横スライドし、前席に近づけたモードです。前席との距離が近くなるので、会話がしやすくなります。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

後席トライアングルモード

セカンドシートの片側を下げたモードです。下げたシートに大人が座れば、セカンド・サードシートの2人の子供を同時にケア出来ます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

後席ベビーケアモード

セカンドシートを前と横にスライドしたモードです。運転席に座っている大人が、停車中に振り返って、前に出したシートに座っている子供のケアがしやすくなっています。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

フロントフラットソファーモード

フロントシートを倒して、セカンドシートと合わせたモードです。仮眠にピッタリのモードです。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

リヤフラットソファーモード

後席をフルフラットに倒したモードです。パーキングなどで横になって休めるのは嬉しいですね。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

ラゲージモード

サードシートを跳ね上げたモードです。セカンドシートを使っていても十分に荷物を積むことが出来ます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

ビッグラゲージモード

サードシートを跳ね上げ、セカンドシートも前にスライドさせたモードです。後席をまるまる荷室として使うことが出来ます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

8人乗り

続いて、8人乗りのシートアレンジも見ていきます。7人乗りと似たシートアレンジが用意されています。

フロントフラットソファーモード

フロントシートを倒して、セカンドシートと合わせたモードです。身体を伸ばして仮眠をとりたい時にピッタリです。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

リヤフラットソファーモード

後席をフルフラットにしたモードです。横になって仮眠をしたい時に便利です。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

ラゲージモード

サードシートを跳ね上げたモードです。沢山荷物を積みたい時にも安心です。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

ビッグラゲージモード

サードシートを跳ね上げて、セカンドシートを前にスライドさせたモードです。セカンドシートの座面を跳ね上げることが出来る分、7人乗りよりも広い荷室空間を作り出すことが出来ます。大きな荷物を載せたい方にはオススメです。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

内装色

ヴォクシーには内装色が2色用意されています。「ブラック」と「ブラッドオレンジ&ブラック」です。ブラッドオレンジ&ブラックはZSのみでしか選択することが出来ず、他のグレードの内装色はブラックになります。

また、ヴォクシーの兄弟車にノアがありますが、このブラッドオレンジ&ブラックはヴォクシー専用色で、ノアでは選択することが出来ません。ノアの専用色を確認したい方は「ヴォクシーのカラー(外装色・内装色)まとめ!オススメのカラーは!?」をご覧ください。

ヴォクシーのカラー(外装色・内装色)まとめ!オススメのカラーは!?

内装色「ブラック」

引用元:https://toyota.jp/voxy/引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

内装色「ブラッドオレンジ&ブラック」

引用元:https://toyota.jp/voxy/

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

床下収納

ヴォクシーには大容量の床下収納も用意されています。床下収納のふたになるデッキボードは、ハイブリッド車かガソリン車で少しデザインが変わります。ガソリン車が一体型のデッキボードを採用しているのに対して、ハイブリッド車は6:4分割式のデッキボードを採用しています。

また、デッキボードの裏側左右には、ひも付きフックが用意されており、開けたままにしておくことが出来ます。高さのある荷物を載せる時に便利ですので、覚えておきましょう。

ハイブリッド車

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

ガソリン車

引用元:https://toyota.jp/voxy/

メーカーオプションのスペアタイヤを装着した場合には、床下収納の中に、スペアタイヤがカバー付きで装着されます。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

また、サードシートの下のスペースにも荷物を収納出来ます。サードシートまで使う場合も長い荷物を収納出来るのは嬉しいですね。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

 

ユーティリティ

ユーティリティについても見ておきます。最近は、携帯電話をみんな持っていますので、車内で充電出来るかどうかは気になるポイントかと思います。ヴォクシーは全車標準で、アクセサリーソケット+充電用USB端子2個が装備されています。場所はインパネのセンターロア部です。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

加えて、ハイブリッド車は標準で、独立型センターコンソールボックスが設定されており、充電用USB端子がさらに2個付いています。インパネの2個と合計で4個です。セカンドシートからも充電が出来てとても便利です。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

引用元:https://toyota.jp/voxy/

ハイブリッド車のVとXでは、メーカーオプションでインパネ一体型センターコンソールボックスにアップグレードすることが出来ます。こちらも充電用USB端子が2個ついており、インパネと合わせて合計4個。また、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)が2個ついてきます。停電時などの非常用電源として人気が高まっています。

残念ながら、ハイブリッド車のZSには設定することが出来ません。メーカーオプションの費用は税抜40,000円になります。

引用元:https://toyota.jp/voxy/

引用元:https://toyota.jp/voxy/引用元:https://toyota.jp/voxy/

ハイブリッド車 ガソリン車
ZS V X ZS V X
アクセサリーソケット 1個
アクセサリーコンセント × 2個* ×
充電用USB端子 4個 2個

*メーカーオプション

まとめ

この記事では、ヴォクシーの内装について見てきました。ヴォクシーは利用シーンに合わせた色々なシートアレンジが用意されていたり、ユーティリティも充実しています。このあたりが、ヴォクシー人気の1つの理由かもしれませんね。

最後に、ヴォクシーは国内だけでなく海外でも人気の高いモデルです。場合によっては、国内より高い価格で海外では中古車ヴォクシーが取引されていますので、お手放しご検討の際は、マレーシアへの輸出企業の株式会社ENGへ是非お声掛けください。

▼査定はこちらからご依頼ください▼

※正確かつスムーズにお値段をご提示するために、『車検証』をご用意の上、お問い合わせのご協力をお願い致します。詳しくはこちら

▼関連する記事▼

ヴォクシーのサイズはコレ!全長・全幅・全高や室内長もご紹介!

ヴォクシーの燃費は?ハイブリッド車とガソリン車はどちらがお得?

ヴォクシーを買う前に読みたいオススメ記事5選!

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

  • 年式: 2017年式
  • 色: ブラック
  • 走行距離: 19,000km

サンルーフ / ルーフレール / 7人乗り / 純正ナビ / モデリスタエアロ / 後期モデル

ENG査定額
380万円以上

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

車種 初年度
登録年月
 

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!