トップ  >   【オークション落札車両】輸出業者の宿命

【オークション落札車両】輸出業者の宿命

  2018年12月15日 Posted by 編集部

先日のオークションで落札した30後期の車両をご紹介します。この日のオークションで出てきていた、新型の3.5LのVL、GFは全てENGが買いました。

H30/1 アルファード 3.5G F

・2018年1月登録
・8000km
・サンルーフ
・3眼LED
・メーカーOPナビ
・メーカーOP後席モニター
・パノラミックビューモニター
・デジタルインナーミラー
・モデリスタエアロ

落札金額:675万円以上(税込)

 

H30/1 ヴェルファイア 3.5V L

・2018年1月登録
・8000km
・サンルーフ
・2眼LED
・メーカーOPナビ
・メーカーOP後席モニター
・パノラミックビューモニター
・デジタルインナーミラー
・モデリスタエアロ

落札金額:670万円以上(税込)

 

H30/1 ヴェルファイア 3.5V L

・2018年1月登録
・8000km
・サンルーフ
・3眼LED
・メーカーOPナビ
・メーカーOP後席モニター
・パノラミックビューモニター
・デジタルインナーミラー
・モデリスタエアロ

落札金額:670万円以上(税込)

輸出業者の宿命

実は最初の2台は輸出仕様車をオークションへ流している業者様が出品していたお車です。そのことは、わかっておりましたが、海外のお客様から欲しいと要望があったので、『輸出業者の宿命』として、買わざるを得ず落札しました。

セリの様子としては、落札金額から最後の40~50万は、ENGと他社の1対1で、競り上がる形となりました。

直接ENGへお売り頂けていれば、「お客様に還元出来たはずのお金」だと、心苦しい思いをしながらも、海外のお客様からの注文に答えてこその輸出屋ですので、買い切りました。

先日の記事にもしましたが、平成30年1月2月登録の新型アルファード、ヴェルファイアについては、大量に海外のお客様からオーダーをもらっております。先に、他社様へお値段を聞いた後、ENGまでご連絡頂ければ、基本、その上のお値段をつけます。

▼関連記事▼

30後期アルファード、ヴェルファイア輸出先より大量オーダー!オークションでの落札事例もご紹介

【オススメのお問い合わせの頂き方】平成30年1月2月登録の新型アルファード、ヴェルファイア

まとめ

輸出仕様車をオークションへ流している業者様ではなく、輸出仕様車を実際に輸出をしているENGに是非お売り下さい。その分、皆様に還元します!

平成30年1月2月登録の新型アルファード、ヴェルファイアにお乗りの皆様からの沢山のお問い合わせをお待ちしております。

 

▼あわせて読みたい▼

【マレーシア現地写真】買取車両の輸出先!マレーシアのお客様のお店にて

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

タグ

買取速報

ヴェルファイア 2.5Z Gエディション

  • 年式: 2016年式
  • 色: ブラック
  • 走行距離: 20000km

サンルーフ / ディーラーOPナビ / ディーラーOP後席モニター / バックカメラ / プリクラッシュセーフティ

ENG査定額
393万円

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!