トップ  >   【徹底比較】新型30系後期アルファードVSエルグランド

【徹底比較】新型30系後期アルファードVSエルグランド

  2018年6月4日 Posted by 編集部

アルファードとエルグランドはどちらも高級ミニバンとして人気の高い車種です。高級ミニバンという共通点があり、非常によく似た車種とも言えます。アルファードとエルグランドそれぞれの特徴や違いを比較・整理し、どっちが自分に合っているのかを検討してみましょう。

【マイナーチェンジ後の30後期アルファード】おすすめガイド5選

新型アルファードとエルグランドの燃費の比較

新型アルファードとエルグランドのカタログ燃費は以下の通りです。

◎新型アルファード

ハイブリッド車(2.5L):18.4km /L~19.4km/L
2.5L:  11.6km/L~12.8km/L
3.5L:  10.8km/L

 

◎エルグランド

2.5L:  10.8km/L
3.5L:  9.4km/L

 

新型アルファードは、2.5Lの排気量でのみ、ハイブリッド車が用意されており、アイドリングストップの有無でカタログ燃費に幅が生じています。

ガソリン車同士で比較をしても、新型アルファードの燃費の方がよいことが見て取れます。新型アルファードの3.5Lとエルグランドの2.5Lで同じカタログ燃費の値となっています。実は新型アルファードは2017年末にマイナーチェンジの際に、3.5Lのエンジンが新しくなっており、パワー、燃費共に向上しています。

新型アルファードはハイブリッドだとさらに燃費が向上する形になっているので、燃費の面ではアルファードに軍配が上がりそうです。

実際の燃費はカタログ燃費よりも多少下がるので、走行環境などによって違いも出るでしょうが、新型アルファードはより燃費に優れたミニバンと言っていいでしょう。燃費の良さを重視するなら、新型アルファードの方が経済的でおすすめの車種となります。

▼関連するガイド▼

【30系後期】新型アルファードの燃費はどうなの?

 

新型アルファードとエルグランドの室内空間の比較

次に室内空間を比較してみます。

車としてのサイズがほぼ同じため、室内空間にもそれほど大きな違いは見られません。どちらも広々とした空間が確保されていて、快適な運転を実現、乗り心地についても高い評価を受けています。

ただ、室内空間の高さでは新型アルファードの方が若干優れています。エルグランドの室内の高さは1,300ミリなのに対し、新型アルファードは1,400ミリと100ミリ高くなっています。わずかな差と感じるかもしれませんが、100ミリ違えば実際に乗った時に大きな違いを感じることになるでしょう。また、新型アルファードはシートに採用されている素材もグレード・モデルによって違っていて、室内空間への強いこだわりが伝わってきます。

ただし、エルグランドは車高を低くすることによって走行性能アップを目指しています。エンジンを出来るだけ低くし、燃料タンクも床下へレイアウトすることで、低重心を実現しています。この辺の操作感は一度試乗してみて、感じてみるのが良さそうです。

それぞれ一長一短があるので、自分に合っているかが重要なポイントになります。

【30系後期】新型アルファードのサイズってどうなの?

 

【変更点丸わかり】30系後期新型アルファードの内装のまとめ

新型アルファードとエルグランドの外観の比較

外観、エクステリアの比較をしてみましょう。

大きな違いとなるのが全高で、エルグランドが1,815ミリなのに対し、アルファードは1935ミリと120ミリもの違いが生まれています。高さがある分アルファードはより大型に感じられ、重厚感、威圧感を感じさせます。

また、車の顔やフェイスと呼ばれる正面から見た時のフォルムも大きく違います。エルグランドは丸みを感じさせるような穏やかなフォルムですが、アルファードは迫力があります。どちらが良いかは好みによって変わります。性能や装備も大切ですが、長く乗る愛車になるのですから見た目も大切な要素です。

 

新型アルファードとエルグランドの売却時の比較

弊社は主にマレーシアに輸出を行っていますが、アルファードもエルグランドも輸出しております。しかし、似たようなお車で国内では共に人気ですが、マレーシアではエルグランドは色々とありまして、アルファードの方がエルグランドより人気あり、弊社の仕入台数もアルファードが圧倒的に多いです。

アルファードの場合は、弊社で売却時にお力になれるかと思いますが、エルグランドについては難しい状況です。エルグランドも国内での人気は高いですので、売却先に困ることはないでしょうが、売却時に海外で需要がある車なのか、国内で需要がある車なのかを頭にいれておくと、情報の捉え方が変わってくるかもしれません。

ちなみに、弊社が輸出をしているマレーシアではハイブリッド車の需要が弱いため、アルファードもハイブリッド車は買取をすることが出来ません。

▼アルファードの買取事例はこちらから▼

アルファード

まとめ

燃費の面では、アルファードに軍配が上がりましたが、内装・外装については好みが分かれるところになりそうです。お値段についても、新車価格や、燃費などの維持費、売却時の価格を総合的に検討する余地がありそうです。せっかく愛車を購入されるのですから、しっかり比較をして、満足のいくカーライフを送りたいですね。

 

あわせて読みたい>>>【買取始めます!】30系後期ヴェルファイア・アルファード

▼こちらの記事も読まれています▼

【アルファード・ヴェルファイア】新車を買うならENGがオススメの理由

【マイナーチェンジ後の30後期アルファード】おすすめガイド5選

友だち追加

買取相場をLINEで配信中。お友達追加をして、高く愛車を売るために相場をチェック!

40秒で申し込み完了!簡単査定依頼!

関連する記事

その他のお客様の声

40秒で完了!あなたの愛車を「高く」「早く」買取ります

1買取り対象のお車情報をご入力ください

2お客様情報をご入力ください

都道府県 お名前   電話番号

すぐに査定可能!